輸送・倉庫に関するお問い合わせは
TEL.054-635-0943(営業本部)まで

静岡鉄道グループ

駿遠運送株式会社

会社概要

事業内容

安全輸送の取り組み

採用情報

トップ> 安全輸送の取り組み> 方針・事故防止

安全方針

平成18年10月、貨物自動車運送事業法等の改正及びそれに伴う告示により、運輸安全マネジメント制度が導入されました。
当社ではいち早くマネジメントを導入し、輸送の安全確保の基本方針を以下のように定め、全社員による安全を最優先とする体制を構築し、事故防止の推進に取り組んでおります。

一、道路交通法を遵守した事故防止

一、運行管理業務の充実

一、使命と役割を理解させる教育の充実

安全に関する声に真摯に耳を傾け現場の状況を十分に踏まえつつ、輸送の安全の確保が最も重要であるという認識を徹底します。
輸送の安全に関する計画の策定、実行、確認、改善を確実に実施し常に見直すことにより、 全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。

事故防止

当社では安心・安全な輸送体制を維持するために、年度ごとに事故低減プログラムを策定し、事故防止に努めています。
以下は主な取り組み事例です。

ドライブレコーダー映像を活用した事故防止講習会

各支店・営業所ごとにドライブレコーダー映像を活用した研修を実施。
自社車両のヒヤリハット映像等を見ながら、出席者がお互いに運転動作の問題点等の意見を出し合うことで、 安全運転・防衛運転に対する意識のさらなる向上に努めております。

事故防止講習会

フォークリフト事故防止講習会

フォークリフトの操作・安全確認等について外部講師を招いて研修を実施。
基本動作を確認してもらい、安全確認の徹底がいかに大切であるかを指導しております。 また、毎年「静岡県フォークリフト運転競技大会」に出場し、技能向上に努めております。

フォークリフト講習会

車両の日常点検・雪道走行講習会

日々の安全運行に欠かせない日常点検について、車両・部品メーカーの方に講師をお願いし、 点検時の手順やポイントを身に付けてもらっております。
また、冬期前に雪道走行の講習を行いタイヤチェーン等の適切な対応が出来るように教育しております。

雪道走行講習会

ページのトップへ戻る